LinuxでVMwareを使う

iPadの曲管理をLinux上でやりたかったので,VMware Player4.0.1を導入してWindows入れてみました.

VMwareのインストール

Arch Linuxなので Arch wikiのVMware記事 を全面的に参考にします. 書いてある通りにバイナリを落としてきて入れるだけ.簡単!

モジュールのパッチは添付のスクリプトだとVMwareのバージョンチェックで弾かれてしまうので,plreqverを適当にいじって通します. このパッチの効能はよく分かってないのですが,当てないで動かしてたらネットワークアクセス時に落ちることがありました.

あと,初期状態だとなぜかUSBが認識されません. この現象もちゃんとWikiに書いてある ので,リンク先のフォーラムに貼ってあるスクリプトをrc.dに放り込みましょう.

Windowsのインストール

$ vmplayer

でVMwareを起動してから,Windowsのインストールディスクを適当に放り込んでインストールします. 途中でVMware toolsを入れるか聞いてくるので入れましょう (ここで入れなくてもVirtual Machine→VirtualMachine Setting→Install VMware toolsから入れられます). これがないと,音が早回しになったりノイズが乗ったり,共有フォルダが使えなかったりするっぽいです.

ここまでやっとけば大体のことはできるので,あとは適当に.